近代英語協会HP
      役員等一覧へジャンプ         協会会則へジャンプ        入会案内へジャンプ        お問い合わせへジャンプ        リンクページへジャンプ       

*最新の内容を反映させるためにはページの再読み込みが必要となる場合があります。

Last Updated: 2016/10/18

近代英語協会とは

  • 1983年5月に荒木一雄、河井迪男、宇賀治正朋の3氏が発起人となりわが国における近代英語研究の発展を意図して設立された。
  • 現在、主たる活動として、毎年1回の大会開催と、ジャーナル(『近代英語研究』)の発行を行っている。
  • 2007年9月18日、日本学術会議において、協力学術研究団体として認可されました。(設立趣意書

お知らせ

  • 協会の理事でおられる山田宣夫先生(目白大学教授、筑波大学名誉教授)による学術講演会12月16日(金)、筑波大学東京キャンパス文京校舎にて開催されます。演題は、「これからの大学教育の在り方について考える」です。どうぞ奮ってご参加ください。詳細(お問い合わせ:長野明子(東北大学、nagano○ling.human.is.tohoku.ac.jpを@に読み替えてください。) New!
  • マンチェスター大学名誉教授・英国学士院特別会員であるDavid Denison氏による日本講演が、国内か所で開催されます。詳細はNewsletter最新号2016年9月)をご覧ください。New!
  • 『近代英語研究』第32号(2016年6月発行)掲載論文の中から、渡辺拓人氏(熊本学園大学)の「近代英語期英訳聖書における未来表現の変遷 ―ギリシア語迂言未来表現μέλλω + inf. の訳語を通じて―」に優秀学術奨励賞が授与されることとなりました。詳細については、Newsletter最新号をご覧ください。New!
  • Newsletter最新号(2016年9月)が発行されました。こちらのリンクからどうぞ。New!

Newsletter最新号及びバックナンバーはこちらをご参照ください。

図書紹介New!

   会員の方で図書を出版された方はIT管理(川端)までご一報
   下さい。本欄に掲載させていただきたいと思います。

協会出版物

  • 『近代英語研究』(Studies in Modern English ) 投稿要領各号目次 
  • 第32号が2016年6月に発行されました。第33号(2017年6月発行)の投稿は、2016年9月15日をもって締め切らせていただきました。第34号の投稿締め切りは、2017年9月15日の予定です。
*第一号(1984)-第24号(2008)に掲載された論考は、こちらからダウンロードできます。(ページ左端「巻号一覧」より出版年をクリックしてください。)

大会案内 

  • 第34回大会については、6月24日(土)、東京都渋谷区の青山学院大学にて開催を予定しております。個人発表の締め切り2017年1月31日(火)となりますので、どうぞ奮ってご応募ください。New!
  • 第33回大会は、2016年6月25日(土)に、広島県の安田女子大学にて開催されました。豪雨の予報が出される中、大会当日は幸い、強い雨とはならず、多くの方々にご参加いただきました。厚く御礼申し上げます。ポスタープログラム発表要旨
  • 第32回大会以前のプログラムはこちら

*『近代英語研究』電子アーカイブ化に伴う著作権委譲に関する告知 〈重要〉
本協会では現在、独立行政法人科学技術振興機構の協力の下、協会誌バックナンバーのアーカイブ化を準備中です。つきましては、これまでご論考が掲載された皆様に、著作権に関するお知らせとお願いがございます。該当される方は、上記のリンクをご確認いただきますよう、お願い申し上げます。
〒722-8506 広島県尾道市久山田町1600番地2
   尾道市立大学芸術文化学部
    平山直樹研究室内 近代英語協会事務局分室
    電話:0848-22-8311 FAX:0848-22-5460
   振替口座 00810-9-5821